著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.47 秋芳大滝
最小化

美祢郡 秋芳町 嘉

『防長百山』の文中に、美東大滝と秋芳大滝とを対比させているくだりがある。それには「しかしこの滝は、名は大滝でも実は小滝で、うっかりしていると見過ごしてしまう。美東町には申し訳ないが、桂木山西麓の秋芳大滝の見事さとはとても較べものにならない」とある。

私はこの文により秋芳大滝への探訪欲をそそられる一方、何かにつけ秋芳町に遅れをとるまいとする美東町への同情もあって、その事実を確かめるべく現地に足を運んだ。それというのも以前美東大滝の傍らをかすめた時、小川が合岐している右手側に見事な岩壁を、左手側には10㍍足らずのチョロチョロの滝を見た事があって、著者が右手側に大滝のあるのを見落としているのではないかと勘ぐったのである。

しかし、結果は記述のとおりであった。つまり滝のあるべきところにそれがなかったのである。『防長風土注進案』中にも数字つきで具体的に記載してあることだし、地図上にも「滝記号」がちゃんとあるのに、である。

川床をたどってみたが、おそらく、かつての造滝岩が土台から虫喰い状態にされ、崩壊してしまったのであろう。

一方、本項の秋芳大滝は、古くは晴嵐滝とも呼ばれたとあり、柏木部落の標識には白糸の滝とも示してある。

滝は自身が刻んでつくった「樽」の中のような岩壁の一方に懸っており、落差は25㍍である。広いプラットフォームをもっているので、ゆっくり観賞できるのがよい。

滝の手前にノートと鉛筆を備えて、感想を記すようになっており、その小部落の人々の滝への愛着を垣間見たように思った。

ここへは、秋吉台西側の嘉万市より、厚東川に沿って八㌔北上し、柏木を目標とするのがよい。そこから砂利道を二㌔でたどり着ける。