著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.02 男滝 おんたき
最小化

阿武郡 福栄村 紫福

大井川流域は山口県の火山地帯で、羽賀ノ台・西ノ台をはじめとするいくつかの溶岩台地と、鍋山などのトロイデが散在する。したがって大井川そのものも、溶岩の直撃をしばしば被っているもようである。大井川には溶岩流にかかっている滝がいくつか見うけられ、この男滝や近くの女滝もその例である。 

大井川の中流に南から桜川が合流するが、そこから三百メートル上流に女滝、さらに300メートル上流に男滝がある。川は平原台の裾をえぐって湾曲しているので、道路面と川床とは50メートルぐらいの高度差があり、滝に接近する道はない。

滝の所在は、道路まで達するその水音が示してくれるが、対面するための小道探しには苦労した。何とか滝の下流100メートルの所に降り立って、あとは川縁をたどった。

滝は日頃は広い川幅の左端を落ちているが、増水時には右端つまり道路側からも落ちているようで、深くて広い静かな淵をもっている。そんな時には高さ一八㍍『福栄村誌』で川幅いっぱいの見事な瀑布と化すであろう。

滝を構成する岩の障壁は、一見して溶岩脈であることがわかるが、その溶岩が対岸の長沢台から供給されたものか、あるいは平原台からか、それとも羽賀ノ台の尻尾になるのか私にはわからない。

今から数十万年前、長沢台が焼餅のようにふくれあがり、頂上から溶岩があふれ出し、川のように流れ下って、その一筋がもうもうと湯煙をあげつつ川を堰きとめた・・・。そんな光景が私の脳裏に浮かぶのである。

02男滝