著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.34 鼓の滝
最小化

山口市 吉敷

龍蔵寺は、仏像とイチョウの巨木と滝との三点セットが売りものの由緒あるお寺である。仏像のことはわからないが、イチョウの方は、昭和18年国指定の天然記念物で、全国第二の巨樹だそうだ。

山口県には全国水準の巨樹が多く、川棚の楠の森、平川の大杉、共和の樫の森などは有数のものらしい。

滝の方は境内の一番奥まった所に、裏山の龍頭山から落ちている。正しくは三段、見た目には二段の滝で、私の実測では上段が16㍍、下段が13㍍であった。

滝の前面には楓がたくさんあり、紅葉時はさぞかしと思わせる。滝をめぐる遊歩道らしきものが斜面に残っているが、橋が破損したりしていて危険が伴う。なお夏の日曜祭日には、滝の水を生かしてソーメン流しも開店する。

このお寺は、湯田温泉の真西にあたる滝河内部落の奥にある。湯田から秋芳への県道を二㌔ばかり進んだ所で、吉敷農協の脇をかすめて左折する。その左折点には、龍蔵寺への標示があるので見落とさない限り大丈夫だ。