著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.36 笹ヶ谷の滝(仮称)
最小化

岩国市 小瀬

小瀬川は山口県と広島県との境界線で、四境戦争では絶好の防御線の役を果たした。今は水資源の供給役としてクローズアップされ始めた。

現在やや上流に小瀬川ダムがあり、近い将来弥栄ダムが作られようとしている。後者は八丁のやや下流に堰堤が設けられるという。これほど河口に近い大型ダムは例がないのではなかろうか。そしてその堰堤の高さは130㍍を予定し、湛水線は中流の魚切あたりまで届くという。従って弥栄峡がようやくその名残を留めているその最奥部は、わずか10~20㍍の標高差で水没してしまうようである。

笹ヶ谷の滝はダムの堰堤予定地に近く、右岸に露出している。持ヶ峠方面からの水を集めて小瀬川に合流する点にかかる懸谷である。

滝の高さは25㍍ぐらい。最近道路の付け替え工事とともに杉林を倒したので丸見えになってしまったが、それもあと数年で水没死の運命が待っている。