著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.43 天神の滝
最小化

佐波郡 徳地町 鯖河内

徳地町は、山と雨に恵まれた地なので、滝もさぞ多かろうと思われるのだが、あまりめぼしいものがない。『防長風土注進案』には、相当なものがあるとの記載もあるので、私の努力不足かもしれない。

徳地町の滝の代表格である天神の滝は、佐波川支流の島地川のそのまた支流の串川支沢にある。その場所は徳地町堀と鹿野を結んだ中間点あたりで、お椀を伏せたような山容で目を引く千石岳の数キロ西にあたる。

落差は17㍍だが、集水域が小さいので水量には恵まれず、渇水時にはチョロチョロと造滝壁をしたたる程度にまで落ちぶれるので、探勝は増水期にお願いしたいものである。

名前から想像できるように、滝の落ち口の所に祠がある。周囲にはモミジやケヤキが茂り、晩秋にはあでやかさが漂う。

最近林道工事でまわりの様子が激変した。