著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.46 荒滝
最小化

厚狭郡 楠町 東吉部

水源に秋吉台のカルスト、河口に宇部の街をもつ厚東川は、ほとんど平坦地ばかりを流れる県下第三の大きな川である。その中程をせき止めて生じた小野湖は山芋の形をして北に伸び、二股に割れている。その東側を大田川、西側を厚川というが、厚川の途中を荒滝山がせり出して圧迫している。

山裾の荒滝部落の道路沿いに、荒滝と不動尊へのささやかな案内標識がある。そこから約一㌔、支流の小川を遡ったところにこの滝がある。車で直行したいと思えば、引野から犬ヶ迫に至る車道で途中下車する。100㍍の距離で滝の側面に着く。

滝そのものは6㍍ずつの二段の構えだが、周囲の樹木と調和して奥ゆかしい。下手の川沿いにも、小規模ながら心なごむ瀬があり、軽い散策に向いている。私にはセキショウと石の織りなす微妙な配置が印象に残っている。