著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.31 錦鶏の滝
最小化

山口市 天花畑

私の田舎の鶏舎に錦鶏を三羽飼っているが、これは新南陽市の高瀬峡の保全に献身しておられる石田さんのものを、惚れ込んで譲ってもらったものである。錦鶏とは中国産のキジの一種で極彩色のあでやかさが特徴である。その錦鶏の名を冠した滝を地図上で目にしたとき、しゃれた名付けだと思ったが、実体はどうかとなると素直には肯定できかねる。滝から受ける印象は、優美というよりも、岩壁のもたらす圧迫感の方が強烈であった。

雄滝は50㍍ぐらいで、上の三分の一は斜滝、中の三分の一が垂直の滝、下三分の一が落水の飛沫部である。

雌滝の方は約20㍍、木陰に隠れるように収まっているが、水量はこちらの方が多い。というのも雌滝の方は沢の本流に、雄滝は支沢にあるからである。

そういう理由で雨季意外は水量不足が否めないが、眼前に立ちはだかる造滝壁が圧巻で、雄滝の方に観賞価値がある。

滝の真正面に屋根付の立派な滝見台が設けられており、右の側壁には仁王像がある。欲を言えば、周辺を紅葉する樹木で縁どりしてほしいと思う。それなら錦鶏の名も生きてこようというものだ。

滝の源流はハイカーに人気のある東鳳翩山で、この滝はその登山口の一つでもある。この沢水は流れ下って、ホタルで有名な一の坂川に連なる。途中、天花畑の手前の虹橋で、ダムが建設されつつあり、新道路が東側の山の中腹を巻いて天花畑に至っている。滝の手前300㍍にはバス停もある。