著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.29 宇佐大滝
最小化

玖珂郡 錦町 宇佐 浦石

以前、友人から山口県一の滝はどこかと聞かれて見当がつかなかった事がある。その時彼が用意していた答えがこの滝であったが、私が渓歩きにうつつを抜かすようになって、ようやく自分の答えらしきものが生まれてきた。

滝の県下一を決める事は、美女県下一を決めると同じく主観の問題となってしまうが、この滝も候補の一つに入ることは間違いない。

寂地峡に至る道路の、宇佐の山峡部に滝がある事に気付く人は少なかろう。それはこの滝が蛇行する道路の視界の下にあるからだ。路面下5㍍に水の落ち口があり、二股で垂直に落ちている。見るからにふかそうな滝壷を具え、地元民が川魚をごっそり取っていたとの記載が『防長風土注進案』にみられる。

滝の下流はいわゆる長い「”廊下”」をなしていて、高根峡又は高鉢峡と称している。滝を下から仰いだり、撮影したりしたい人は、100㍍ばかり下手のガード横を注意深く探せばよい。少し跡まれた降り道が見つかる。