著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.39 延命の滝
最小化

大島郡 久賀町 畑能庄

 大島郡に、滝と伝える程のものがあるとは思っていなかったが、同僚の井川氏に、つい先日故人となられた西村正氏を紹介していただいて確認した。氏は維新の志士・楢崎剛十郎の孫で郷土史家でもあった。

滝の高さは16㍍、水量には恵まれていない。このあたりを嘉納山岩屋と称し、古くは観音を安置したお寺があった。それと延命観音といって参拝の対象にしていたことに、名前の由来があるらしい。明治の末までは、女が妊娠すると文殊様へ賢い子が生まれるように嘉納山岩屋観音へ美人で長寿するように、帯石観音へ安産するようにと祈願参拝したそうである。

滝の周りは樹木が伐採されたばかりでやや物足りない。大樹は残すように、新たにカエデなど植えてはとも言ってみた。

沢水は一㌔ばかり流れ、能庄の下手でより大きな沢と合流し、ミカンの丘の大きなうねりを縫って久賀で海に注いでいる。