著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.18 滝山大滝
最小化

玖珂郡 美川町 椋野

錦川は長さではむろん山口県一だが、美しさの点でも群を抜いている。中でも須万-広瀬間と、根笠-南河内間とを気に入っているが、どちらかというと後者の方を推奨する。構成の点では前者の方がすぐれているのに、どうも心に響くものが少ないのは、上流のダムの影響が色濃くにじみ出ているからではなかろうか。

しかし錦川下流にも開発のキャタピラー音が高まりつつある。三河町域の水を集める小郷川の、本流との合流点に近いところで、生見川ダムの堰堤が刻々と高さを増しており、電源開発と水資源確保の担当者の目が、第二第三の有望地点をなぞっている。

小郷川が錦川に合流する地点のほぼ対岸に、小支流が二本注いでいる。正式な名前は知らないが、やや岩国よりの長いほうをみやま川、南桑寄りの方をおおだに川と呼ぼう。両者は本流との合流点直前で合流している。

みやま川の方には、民家もたどるべき道もないが、川口から一㌔の地点に10㍍の立派な壁を具えた滝を持っている。

おおだに川の方は短く急傾斜だが、中間に十戸を超える滝山部落があり、アスファルト道路が通じている。その集落の取りつきにお宮があり、すぐ下にこの滝がある。落差20㍍ながら、岩壁を深くえぐって奥まった所にあるので、その気でないと気付き難い。

この沢は山水画風のすごみがあり、道路にしても相当の難工事であったろう。滝もさることながら、周囲の岩山の方に観賞価値があるように思える。