著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.20 鹿落ちの滝
最小化

玖珂郡 錦町 広瀬 木谷

木谷川は平家岳を源流とし、長さ10㌔の深い谷をうがちながら錦川に合流する。これが木谷峡である。その中心部は吉川林業事務所や小学校廃校跡のある大固屋より上流2㌔の区間で、アクセントになっているのが、赤滝や鹿落としの滝である。

前者は本流にあり、紅葉との対比で味のある小滝。後者は仰ぎ見る角度の懸崖にある40㍍余の、懸谷の滝である。鹿落としの落差を測るのには、さまざまな苦労をさせられたが、結局たしかな数値は出せなかった。というのも、滝の上半部は弧状、下半部は垂直をなしているためであった。

水量は不十分なのだが、木谷峡中の他の滝より人気のあるのは、道路から直接見えて、かつ少しばかりの神秘性も具えているためだろう。鹿落としの名前は、上半部の斜滝のイメージが、イノシシなどの滑落を創造させるか、あるいは実際にあったかによるであろう。