著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.01 干滝 ちたき
最小化

阿武郡 阿武町 宇生賀

『防長風土注進案』に、「千瀧高サ凡三拾間程三重ニ落チル也、里説ニ云、此瀧那智山ノ瀧ニ似タル故那智瀧ト申候テ、千瀧ト上略に称候由、又一説ニハ乳瀧トモ書申候事。」とある。これを見て、いても立ってもおられず、車を駆って現地を訪れた。

この時は高佐温泉でも一泊という、私としては珍しく豪華な探渓の旅であった。ただ運がなかったのは、目的地の真近で雷雨にやられ、作業を完遂できなかった事である。そこで雄滝雌滝の二つの滝の高さだけ測って引き返し、ずぶぬれで泥まみれのみじめな姿で宿屋のブザーを押した。

滝は上流(雄滝)が十六メートル、下流(雌滝)が三十五メートルというデータを得たが、その容姿については後日下流側から遡上して全容を知り得た。この時は徳佐・嘉年を経て大井川の上流に越え、大井川沿いに下って飯谷よりこの渓に分け入った。背丈ほどもある草をかきわけてのアプローチは、マムシの危険におびえながらのつらい行軍であった。

滝は注進案のごとく那智ノ滝に似ているとは申しかねる。雄滝は棒状に落ちているので、高さの不足なりに名前をもらったのであろうか。雌滝は滝幅広く滝壷に相当する所は巨大な凹地となっている。垂直な崖にかかっているが、途中の小突起に落水の一部が散乱して、涼味たっぷりの整った滝である。

滝の上流には宇生賀(うぶか)盆地がある。この盆地は三角形の凹地で見事な水田だが、その泥の中から大杉の根株が埋もれ木として出てくるという。この地の人はこれを磨いて売り物とし、本命の米よりも大きな収入を得ているそうである。

この盆地の正体には興味をそそられる。この周辺には溶岩台地が随所に見られ、滝の壁面も溶岩流の断面を示している。

この盆地を噴火口そのものとみなしている意見と、溶岩流堰湖の埋積地と主張する意見とがあるように記憶しているが、『山口県の自然』(山口県立博物館刊)には、日本では希なマールであると推理した記事が載っていた。

滝が今ここに存在する理由として、私なりに次のように推定してみた。

盆地の川はもとは直線的に西流していたのだが、溶岩流に堰きとめられ、かつ小トロイデの隆起で直角に向きを変え、断裂線をたどって北流し、ついには側壁を破って大井川本流に面する浸食崖を滝をなして流れ下るようになった。

ちなみに盆地の延長方向には権現山からと思われる溶岩流が飯谷のドードー滝まで続いており、盆地の水量が直角に転進する場所には鍋山のトロイデ丘が腰をすえている。(カラー写真参照)