著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.25 犬戻しの滝
最小化

玖珂郡 錦町 大原

同名の滝が寂地山麓にあり、より人に知られているが、こちらの方はめったに人の眼に触れることのない深山の滝である。地元の小田さんに道案内を願って対面する事ができた。

大原は、スキーで有名な羅漢山の民宿地で、標高500㍍ぐらいの所にちょっとした集落をなしている。アスファルト道路がゲレンデのある九合目や生山峠を経て小瀬川沿いの羅漢温泉に通じている。

羅漢の山容はズングリとおおらかな火山を想わせる。山としては若いのか開析があまり進行していないが、北西面には谷が刻まれており、後川と呼ばれる。おそらく大原の背のあたりを流れることからそう呼ぶのであろうが、その沢沿いにまだ新しい林道が途中まで通じている。

林道伝いに登ってゆくと滝や瀬がぼつぼつと現れるが、工事の土砂で覆われたり、倒木で隠されたりして痛々しい。

林道工事というのは普通の道路建設と違って、土石を排除する費用が予算に計上されないのでそうせざるを得ないという。自然破壊が目的の林道敷設といいたくなる。

終点の所に地蔵様があり、そのあたりは滑床状で滝や瀬があり、弁当を開くのに適している。それに一帯はシャクナゲの大群落で天然記念物となっている。

この場所で沢が二つに分岐し、主沢は生山峠から、枝沢は羅漢山から発しており、前者の方が水量多く美しい。

犬戻しの滝は後者の沢を詰めたところにあり、高さ40㍍のやや水量の不足する滝であるが、水を落としている岩壁はなかなか印象的である。