著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.07 八窪の滝
最小化

豊田郡 豊田町 地吉

豊田湖は木屋川の上流の大きなダムで、その北には俵山温泉が、東には石柱渓が、南には西市の町並みが位置している。

石柱渓は4.5㍍の小滝が連なっている幽峡で樹木の保存がよいのと、石英斑岩の柱状節理とが値打ちである。

ダムはK字形でその両岸を道路が囲んでいる。右岸の市道のダム堰堤から1㌔位の所に本地吉の田圃があり、その道路わきに「八窪の滝」と書いた古びた立て札がある。そこから小川に沿う小道を100㍍ばかり行くと、この滝に出会う。

水量のわりに広い造滝壁を有し、滝壷の下流を100㍍も進まないうちにダムの水面となる。つまり辛うじて水没を免れた滝なのである。その水面下にはおそらくもう一つは滝が埋もれているであろう。木屋川ダムの堰堤をカサ上げすることがもくろまれているようだが、そうなるとこの滝の寿命も先が見えたといわねばなるまい。

豊田湖の冬場は、ワカサキを求める釣客で賑わう。