著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.32 金山の滝
最小化

山口市 宮野 荒谷

今でこそ国道26号線はハイウェイのような快適な道路だが、十年前前では相当な悪路であった。中でも特筆すべきは八丁越で、ここをバスがループ状に通過するときは肝を冷やした。急崖の狭い道だったからだ。その崖のはるか下方に川が見え、その川沿いに、さらに悪い路が奥に通じている。

入野川は八丁の真下で二つにわかれる。それまでの延長線上にある方を金山川、直角方向を荒谷川といい、両者はほぼ等長等大である。

金山の滝は金山川を分岐点から川床を伝って500㍍進んだ所にある。滝の手前に、5~6㍍の釜を備えた美しい滝が三つ四つ連なっていて楽しませてくれる。

滝は圧迫感を伴う造滝壁をもっている、わりに落水の形が物足りない。落差は18㍍である。

荒谷へ少し入ったところから、高巻いた林道を歩けば直接主滝の上面に出ることもできる。

一方、荒谷の沢をそのまま4㌔たどると、やはり18㍍の滝がある。道が大きくヘアピンする所のゴルジュに懸っている。

入野川にダムができるのが大変残念である。