著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.35 布滝
最小化

美祢郡 美東町 長田

 秋芳洞や秋吉台で先行された隣の秋芳町に対するライバル意識から、大正洞やサファリの売り出しに努めている美東町内には、秋芳大滝に対抗するものがないでもない。この布滝がそれで、別名小倉の滝とも呼ばれる。

小郡から県道を10㌔ばかり萩に向かったところに長田という集落があり、その東側の江嶺山の山腹にこの滝がある。

江嶺山にはこれといった特徴はないが、他の山々とのピークの合作で外輪山状をしている。その南西の一角が破れ、集めた雨水は三段になって岩壁を洗う。山のほとんどは杉の植林帯で被われているがこの滝の周囲はぎりぎりのところで自然林として残っている。

滝の水量は充分とはいえないが、滝幅がわりあいあるので増水期には見栄えがするであろう。高さは上段が目測で15㍍、中段10㍍、主滝の下段は実測で長さ37㍍であった。下段はやや斜滝だから高さにして30㍍になろうから、十分秋芳大滝に張り合うことができる。私としては「美東大滝」と呼ばれている滝よりも、この滝の方に「美東大滝」の名を冠せてやりたいところである。それにこの滝には、私が”地図を読む”事によって存在を確信し、踏査したという愛着がこもっている。

滝への接近は、迂回林道の終点から滝の頭へ出ても良いし、迂回が始まる点から杉林の中への踏査道をたどって、滝の足元へ近づく方法もある。

同じ美東町内の綾木に薬王寺の滝がある。こちらは布滝とちがって地図にも載っているが、落差は10㍍を少し越える程度にすぎない。この滝にカメラを向けている時に、地元の人から「テレビ局の方ですか」と声をかけられ苦笑したことがある。