著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.15 藤ヶ谷の滝(仮称)
最小化

玖珂郡 美川町 藤ヶ谷

 藤ヶ谷川は物見ヶ岳を源流とし、北側に長い谷を穿って根笠川に合流する。その上流の藤ヶ谷部落は、平家の落人部落だと幼い頃からよく聞かされていた。今はわずか数戸を残すだけの過疎地である。

その残存農家の200㍍ばかり下手の本流に懸かっているのが標題の滝である。落差16㍍で水量は豊かな方だ。一段にして棒状に落ち、着水後も数十㍍に迸って、再び階段状の滝をなしている。

この滝からさらに一㌔ばかり下ったところに左側つまり南方面から合流する支沢がある。この沢を500㍍遡った地点に「政次郎の滝」がある。高さ18㍍、水量はやや少ないが、いかにも物静かな、深山の滝然とした趣をもっている。

私は最近になってその存在の情報を得て、沢伝いに遡行を図り、急傾斜をもてあましているうち廃道となっている杣道をみつけてたどりついた。途中なかば朽ちた棧道が三ヶ所、眼の覚めるような紅葉もあって充分堪能した。