著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.42 琴音の滝
最小化

防府市 富海

富海にはつつましやかな砂浜があり、海水浴や潮干狩りで賑わう。西端の末田は土管や瓦の焼き物の里でもある。また、富海には大平山への裏登山口があり、二号線やや西寄りの北に向う車道がそのとりつきである。目印は、公民館に利用されている由緒ありげな屋敷で、その横を山に向かって200㍍ぐらいのところに登山標識がある。そちらには向かわず直行すればすぐ川と交差し、あとは沢伝いに10分ぐらいで滝に行き着く。途中何度も、青年団の手による<琴音の滝へ至る>の標識があるのでわかりやすい。

滝自体はさほどのものではなく、やや名前負けしている。本滝は高さ15㍍で、そのすぐ上にお堂があり、そばに6㍍の滝が落ちている。対面し難いのと、水量不足が値引き材料だが、その一因は、滝のかなり上流から水路を設けて東部方面へ分水しているためのようだ。