著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.40 魚切りの滝
最小化

徳山市 金峰大田原

山口県一のダムであった菅野ダムも、阿武川ダムの完成でタイトルを失い、資料館も閉鎖してしまった。私がダムに関する資料のうち関心を寄せるのは、湖底と化した地形の記録である。

『都濃郡誌』によると、中須方面から流入する阿田川には撲玉の滝という大きいのがあったという。他にもまだ犠牲になっているのではないかと気をまわすのである。

このダムの少し下流に、大田原を水源とする支川が注いでいる。その川に沿う道路の中程に、この魚切りの滝が潜んでいる。落ち口が道路下で所在を捉え難いが、ガードレールをまたいで20㍍ばかり下降すると、仰ぎ見る形で対面できる。

滝の落差は14㍍だが、滝壷に上流から転がって来たらしい巨石が居座って、その佳景を半殺ししているのがしゃくの種である。