著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
10.天井ヶ滝
最小化

豊浦郡 豊田町 一ノ俣 本浴

県の西北にあって、いちばん目を引く尖峰、一位ヶ岳の麓が一ノ俣である。この一位ヶ岳と、一連の山体が天井ヶ岳や白滝山で、この天井ヶ滝はその名の如く天井ヶ岳の中腹にある。

西市から、滝部へ至る県道を西へ八㌔進んだ地点が荒木温泉、そこから右折してきたへ川沿いにたどると、一ノ俣温泉があり、意外に賑わっている。

さらに四㌔ばかりたどると天井ヶ滝方面への取り付きの小道があるが、ごくささやかな標識なのでわかり難い。一ノ俣からのアスファルト道が途切れて、賛同にかけてカーブしはじめるあたりと思えばよい。

滝へ至る沢道はかなりよく踏まれている。500㍍ばかり、照葉樹林に覆われた小道をたどれば昼なお暗い一角に、岩の露出部を引き裂くかのように滝が落ちている。高さは18㍍、夏でも暑さ知らずで、登ってきた汗もすぐ引っ込んでしまう。

この滝を知っているかと、豊田町の殿居寿クラブの方から、一ノ俣温泉のグラビアを添えたお便りをいただいた事がある。今も元気旺盛でおられる事を願うものである。