著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.06 弁慶瀑(猿渡の滝)
最小化

阿武郡 阿東町 蔵目喜

県内で”瀑布”の名で呼ぶ資格のある滝は、阿武川の大支流である蔵目喜(ぞうめき)川の下流のこの滝だけである。水量は大井川の男滝と甲乙を争うが、発電所用に分水されないだけこちらに分があり、滝幅では文句なく県下ナンバーワンである。

滝幅が川幅より大きいというと妙に思われるであろう。理由はこの滝の風変わりな形による。川幅いっぱいにタンカーを想わせる岩体があり、へさきや舷側の甲板にあたる所から水が落ちたり、ほとばしっているからである。あたかも群馬県にある、天然記念物”吹割の滝”の逆構造のようである。弁慶瀑という名前は『山口県の自然』から拾ったものだが、もしかすると、筆者が”猿渓瀑”を聞きまちがえたのかとも思う。というのも『防長風土記』には、猿渓瀑とあるからである。

『山口県の自然』の文は大正のころ、国や県に委嘱された植物学者の採取旅行記の転載であるが、そこでは土地の人から聞いた名前とのことわりがある。

しかし、私にはそれが聞きちがいであったとしても、この滝に弁慶瀑の名前を冠せたい。この滝の、おおらかで堂々とした様子を適切に形容していると思うからである。

この滝一帯は金郷渓といわれ、広義の長門峡の一部である。ガントレットが世に紹介し、画家高島北海がひろめた長門峡だが、今チヤホヤされているのは狭義の長門峡部分である。謰渓は上流ダムで干からびてミイラ状態、金郷渓は捨て子の如く顧られず、わずかに生雲渓がその凄味を買われて、手をさしのべられている。それも上流ダムのため、肝心の水が無い渓谷としてだが。

この金郷渓には、高島北海が私費を投じて設けた遊歩道が、ほぼ無キズで残っていた。それを見つけたとき奇跡を見た思いがしたが、なぜこの渓が世間から見離されてしまったのだろうか。理由は一にも二にも、取りつきの難しさにあろう。

本流への合流点で、対岸の道路から渓に入るためには、橋もケーブルもないのでボートなどを持参するしかない。吊橋でも設けて、北海の道志を生かしてほしいと思うのだが、最近になって生雲農協が発電所を再建するというニュースが新聞に載った。滝の特徴を殺さない十分な配慮をお願いしたいものである。