著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.16 霧がくれの滝
最小化

岩国市 二鹿谷

二鹿は岩国市域とはなっているが、別天地のような山村である。岩日線の北河内駅から二㌔、ヘアピン状の道路を登り切ったところにあるトンネルを抜けると、のどかな農村風景が展開する。

 二鹿の名は、京の都を荒らす二頭(ふたがしら)の大鹿を追ってきた梅津の中将が、この地でついにそれを射止めたが、精根尽き果て自身も死んだという伝説に由来しているようである。

 その中将の名は、半月状の低地の末端部にある滝の名前に冠せられ、「梅津の滝」となっている。

【梅津の滝】

 このあたりは近年観光地化され、立派な遊歩道もついている。以前はむしろ岩国基地の米兵の水遊び場の感があった。私が最初訪れた時は、立札が英語でかかれているのに接して面食らった。どうも日本人より米人の方が清流への親愛度が大きいのであろう。

 梅津の滝の下流は深く長い谷をなして、六㌔先で錦川本流に合流するが、その途中横合いから沢水が滝をなして落ちる。

 その一つが霧がくれの滝で、おそらく県下最高落差を有すると思われる。「岩国市史」には50㍍とあるが、私の目測では60㍍ないし80㍍とにらんでいる。岩登り技術が未熟のためまだ実測に成功していない。

 この滝は本流から仰ぐようにして見つけることが出来るが、少し上流の「おしどりの滝」はやや奥まっていてわかりにくい。この滝は30㍍の高さがあるが、霧がくれの滝と同じく水量不足である。「霧がくれ」の由来は、滝の末端部が風に吹き上げられて霧状になってしまうことにあるようだ。

 二鹿七滝を世に出したヒトは、二鹿部落の藤島さんで、今は故人である。氏の持ち山にシャクナゲの自生林があり、天然記念物に指定されている。北河内駅前に、霧がくれとおしどりの両滝の観光案内があるが、よほどの人でないかぎり対面する事は不可能であろう。が、将来、渓谷沿いの歩道が設けられる予定と聞いている。