著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.19 初瀬の滝
最小化

玖珂郡 錦町 広瀬木谷

広瀬の町の西方に、平瀬ダムが建設候補地として設定されると知って心おだやかでないのは私だけではなかろう。木谷川沿いへの道路の分岐点には、ダム反対の立札が立てられている。堰堤はこのあたりに予定されているようで、そうなると錦川本流では猿飛びの岩庭や須万までの渓谷風景は水没する。猿飛びの石庭とは木谷川との合流点あたりの川中に広く露出している部分をいう。釣や水遊びでけっこう人を引き寄せている。須万までの峡谷部は菅野ダムのせいで水量が減り、やや衰退の傾向があるがまだまだ捨てたものではない。その他、木谷川などいくつかの支流の下半部が消失する。

木谷皮の下半部で惜しいのは、この初瀬の滝の周辺である。合流点から一㌔ぐらいの所で谷は狭まり、深い淵と石渓が姿を見せてくる。それはここに水の尾山の一支沢流入しているからだ。その沢水の加勢によってそのあたりの浸食が加速され、滝や釜、そして岩壁などで迫力のある景観を呈している。

その板ヶ谷の沢に初瀬の滝がある。この滝は大滝二本といくつかの小滝からなり、下の大滝は道路から10㍍ばかりしか離れていないのに直接見えない、引込んだ位置にある。合流点の橋の傍らに車一台分のエリアがあり、気をつけてみるとその滝の水音とともに水しぶきの一部が見える。その高さは18㍍であった。

滝の左岸を高巻く踏跡道をたどり下の滝をやりすごして上の大滝に出られる。この方の高さも18㍍、下の大滝の形が標準的なのに対して、こちらは末広がりの扇形をしている。水量は並といったところか。

この沢のかなり高い所を、大固屋から広瀬方面へのスケールの大きな用水路が通じている。この水路は百年以上も前に藤井吉兵衛の手により建設されたもので、この水路で開けた水田は十三町歩にのぼるという。吉兵衛墾田とよばれる。

初瀬の滝

            
 
 
マップ
最小化
            
 
 
メモ
最小化
その後、この滝の・・・