著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.26 焼山谷F17
最小化

玖珂郡 錦町 宇佐

山口県一番の美渓といってもよい竜ヶ岳峡のある沢を焼山谷という。寂地山南ピークと右谷山との稜線を源流とし、竜ヶ岳と呼ぶ南ピークの支稜を内側からえぐっている谷川である。

竜ヶ岳は名前から想像できるように浮世離れした山容をしているが、その名称は、寂地山に棲んでいたとされる竜の伝説にからめたものであろう。

この竜ヶ岳の肩口から、竜の吐く息の如く、渓水が一気に100㍍の落差を滑り落ちる。俗に七滝、めぼしいので五つの滝が連なっていて、人のよく訪れる部分である。五滝はいずれも磨き上げたような花崗岩の岩膚と釜を有し、青く透き通る清洌な水があふれている。中でも竜頭の滝と竜門の滝とは甲乙つけがたく、どちらも素晴らしい。

一般の観光客は竜頭の滝の横を登りきって、木馬トンネルを抜けたあたりで引き返すのがほとんどである。さらにその奥の探訪となると私自身、追及を忘れていた程である。

過日、その事に気付いて奥地に足を延ばしてみた。その時見つけた滝をここで紹介する。

トンネルを抜けてまもなく小橋を渡ると、右手の山に登る道と沢沿いの道に分岐する。右にとれば地蔵さんの安置してあった見晴らしのよい岩の上に出る。最近その地蔵さんが持ち去られたとの新聞記事があった。

沢沿いの木樵り道を左岸に、やがて右岸にたどり、渓流から離れてゆく。高巻いて、再び流れと接近した地点にこの滝があった。その位置はトンネルの奥、約700㍍、二段バネの15㍍くらいの落差の滝であった。

滝の下手にかけて、100㍍ぐらいの区間は石畳ふうの河床をなし、その終末に12㍍ぐらいの滝がある。これがF14で、えぐれた形の陰性の滝である。これに対してF17は明るく開けた感じがする。

この日は雑木林の新芽が出揃った頃の、特に暑い日だったので、同行の三人で清流に手や足を浸しつつ、持参のむすびをほおばった。沢のすがすがしさを満喫するひとときであった。