著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
09.紅葉滝
最小化

大津郡 油谷町 河原

県西北部の油谷は、溶岩台地の半島部とそうでない内陸山地とが、油谷湾を挟んで並んでいる。昔は日置村の方まで、深く海が切れ込んでいたのであろうが、今はかなり陸地化して、かつての三つの川も一本に合併して湾に注いでいる。

天井ヶ岳を源流としている大坊川も一人前の河川から、今では掛淵用の一支流に甘んじている。その支流に阿添川があり、下流の田川で合流しているが、そこから、二㌔ばかり上流にこの滝がある。高さは11㍍だが、岩の壁が広いので、そのわりに高く見える。そこまでの沢筋は、小滝と瀬がかわるがわる現れるのでそれほど退屈しない。

この沢を最奥まで窮めていないが、このあたりの山々には天然記念物のホンシュウジガが住んでいる。道の傍らに散乱していた足跡があるいはそうだったのかも知れない。