著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.23 河津の滝(仮称)
最小化

玖珂郡 錦町 河津

この滝は深谷川の源流域にある。深谷川はその名の如く、目もくらむほど深い谷をなしているのに、両岸は全く平準な広々とした田畑である。こんな特異な地形は河川争奪という自然史上の大事件の名残なのである。

深谷川は今でこそ高鉢山に連なる山体を突破して岩国方面に注いでいるが、かつてはこの山に阻まれて右折し、今の田野原から六日市方面へ転進して日本海へと流れていたのである。

またこの川は島根県との県境でもあって、その最奥の集落が河津である。道路は川に寄り添うように河津まで通じており、バスも入る。それから先は2㌔ばかり奥までの、石ころだらけの林道である。

林道沿いの渓流は河津峡と呼ばれ、磨いたような岩の川底をなしていて、滑床と形容している。この沢をどんどんつめて、林道終点から1㌔ばかり進んだところにこの滝がはさまっている。

ここはもう寂地山の中腹で、谷幅がせばまり、岩相は荒々しくなり、登り道も高巻いている。まさにゴルジュの言葉がピッタリくるような形相で、滝の高さは15㍍、実際の印象はもっと大滝のように見える。