著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.04 鳴海の滝(なるみ)
最小化

阿武郡 川上村 横坂

今から十年以上前、私は萩で四年間を過ごした。当時の私は自然よりも歴史に興味があり、市内の史跡めぐりなどに凝っていた。維新研究の私的サークルがあり、現徳山大学の脇教授が相談役で顔を出されていた。私も末席をけがしていて、もっぱら聞き役であったのだが、その頃、かすかに耳に残っていた情報に、基盤ヶ岳近くの滝の事があった。その滝というのが、扇子落としの滝と鳴海の滝であった。そしてこの滝の存在を十数年後、柳井の地で想起する事となった。

きっかけは『防長百山』(阿部正道著・マツノ書店刊)と中国新聞連載の『中国自然歩道踏破記』に目を通してからだ。そして遠征の形で、古巣の地に再び足を運ぶ事になり、かげろうにかすんでいたこの地の山野の映像が、写真のように鮮明に脳裏に焼きつくこととなった。

鳴海の滝は三つの滝からなり、上滝は三段の三六㍍、中滝は滝壷を具えた一七㍍の素直な滝、下滝は二段の一七㍍の滝である。

扇子落としの滝と類似したものを感じるが、こちらの方に清潔感があるように思う。

鳴海の滝のある沢は基盤ヶ岳西側の中腹にある鳥越と呼ぶ地の水を集めている。その鳥越は萩市の東光寺の傍から、人丸神社をかすめて通る砂利道を、桜川沿いにたどってゆけばよいが、相当の悪路である。到着してみると、弧絶という言葉がぴったりの別天地である。この鳥越から小川沿いに下ってゆけば、三段の上滝に背後から接近できる。

正面つまり下滝から眺むルートは車ですぐ近くまで行けるので、背後からのルートより楽である。この場合は扇子落としの滝と同じく立野から入るのがよい。ただしその車道は草の多い石ころ道となる。

取りつきの滝は、大石の間から二段に落ちているが、陰気で、ややがさつの感がしないでもない。いちばん見栄えのする中の滝に挑戦するには、左岸の林の急傾斜を登ればすぐである。ついでにもう一度崖をよじ登って上面に出ればナメ状の瀬が二〇㍍ばかりあって、その奥にかなりのスケールで三段の上滝がかまえている。

ハイヒールでは探勝するわけにはゆかない滝の一つである。(カラー写真参照)