著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.41 瀬戸兼の滝(仮称)
最小化

徳山市 大道理

この滝は都市近郊にありながらあまり顧られていないらしい。新南陽市冨田から鹿野への県道沿いで大道理の手前の山峡部にある。このあたりの道路脇に三ヶ所ばかり駐車できるエリアがあり、そこから谷の方に眼をやると、渓水が小滝をなして迸っているのが散見できる。いちばん大きなエリアの、谷に面した所をよく調べると下に降りる踏跡道があるので、それをたどって川床に達することができる。その場所から数十㍍下手に落ち口があり、右岸を伝って滝と対面できる。

高さ18㍍の斜滝で、その右岸は見事な竹林で少々暗い。川上ダム周辺は竹の多い土地で、山の頂上に至るまで竹に占領されているのを見かける。この滝も竹に覆われて薄暗いのと、水量には恵まれているもののあまり澄んでいるとはいえないのが、人気の出てこない原因であろうか。