著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.37 素錬の滝
最小化

岩国市 小瀬

小瀬川は鋸でひいたような深い谷の連続である。この小瀬川と錦川の間を梯子段のように支谷が走っており、それらは一様に小瀬方面に傾いて水を集めている。そのうちでも、小川津と水口を結ぶ谷川が一番典型的で、源流は錦川沿いの関戸のすぐ背中あたりになっている。その水口部落にこの滝がある。なお関戸と小瀬川本流の防鹿とを結ぶ線は有名な断層なので、この谷もそうではないか、滝の生因もそれに関係しているのではないかと推測している。

この滝のユニークなのは、個人の手で買い取られて手入れされている事である。大竹市在住の日中さんで、山林を購入しようと通りかかり、この滝を見染めて周辺を買い取ったとの事であった。週末の手入れを楽しみにしているとのこと。

素錬という名前は『防長風土誌』より引用したものだが、それによれば、この谷を葛谷といい、滝の上には祠があったという。

なお滝の落差は22㍍である。