著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.38 岩尾の滝
最小化

大畠町 殿畑

西の徳仙・東の岩尾はそれぞれの地域で知名度が高く、落差・水量・地の利それに進行との結びつきなどいずれも似通っている。

国道で大島大橋の麓を岩国方面へ100㍍も過ぎない所に、滝の所在を示す立派な看板がある。そこから玖珂方面への道路を一㌔ばかり、その名も岩尾の滝前というバス停がある。

お寺をはさんで滝があり、背戸の方を雄滝、庭先のものを雌滝と呼んでいる。ほぼ同じスケールだが、雌滝は対面し背戸の方を雄滝、庭先のものを雌滝と呼んでいる。雌滝は対面し難く、周辺にがさつの感があってまとまりに欠ける。

大畠観光協会の説明板によれば、桓武天皇の代(786年)に最澄がここに観音像を刻み、それを御本尊として観音堂を建立して信仰を開いたとの事である。それも昭和20年の枕崎台風でこっぴどくやられて、一時荒廃したが、地元で修復して今日に至っている。

この滝を同僚の美術教師の高林氏が油絵にしているが、造滝岩の壁面を描写するのはなかなか難しいとの事であった。

【雄滝】

【雌滝】

            
 
 
マップ
最小化