著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.14 シャンシャン滝
最小化

玖珂郡 周東町 久杉

物見ヶ岳西麓の宮杉峡にある滝で、上シャンシャン・下シャンシャンと二つある。両者は200㍍の距離があるが、その間は一連の滝とみなしてよいほどの急流の岩場をなしている。

場所が物見ヶ岳の中腹なのに意外な水量なのは山の頂上が広くなだらかなので、保水性にすぐれているからであろう。

滝は上シャンシャンがやや斜滝で15㍍。広い露岩部の縁どりをもっている。下シャンシャンは途中ではねている標準型、高さは16㍍である。

この滝のある宮杉峡は周東町のハイキングコースになっているが、訪問者は少ない。沢の出口である久杉部落から二㌔も歩かねばならないためだろう。私が家族で訪れた時は猟期で、途中で、前足を失ったタヌキに出会ったのが強く印象に残っている。

なお、藤ヶ谷鉱山方面から、この滝へ向けて道路をつなぐ構想もあるという。