著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.44 狗吠大滝
最小化

山口市 仁保 上郷

仁保は山口の街とはひと山隔てた農村地区で、同じ椹野川流域ながら川筋は異なっている。以前は嘉村磯多や仁保事件で目を引き、今は衛星通信基地として話題に挙がっているお椀のお化けのようなパラボラアンテナが、三つ四つと虚空をにらみ、やや離れて、完成したばかりの中国縦貫道がカーブしているのを見れば、この静かな農村地帯がなんだか時代の先端をゆくモデル地区の感がしてくる。

そのあたりの中郷に対して、上郷の方は百パーセント素朴な田舎で、徳地町側とを隔てる山塊と、阿東町側に衝立のようにかぶさる山並みとに挟まれた谷底低地である。その阿東町側の渓の水を集める小川の一つが狗吠川で、その中程にこの滝がある。その名を「いんなき」と読むが、この情感をそそる呼び名には次のような伝説がまつわっている。

「昔、ある夏の夕暮れ時、汗に汚れた衣の盲の琵琶法師が、杖と一匹のたくましい犬をたよりに、とぼとぼと仁保の里に入ってきて、篠目へ抜ける道を尋ねた。ところが、運悪く、たずねた相手が名うての与太者で、琵琶法師はだまされたとも知らず道を行くうちに、渓谷の中で行き詰まってしまった。道を探して手探りでやっと這い上がったところが滝の真上であった。法師が足を滑らして転落し、これを見た犬は、しきりに吠えつづけていたが、ついには精根尽き果てたのか、滝壷に飛び込み、姿を消した。それからのち、滝の音が犬の吠える声に似ているとして土地の人にそう呼ばれるようになった。」-『長門周防の伝説』(松岡利夫編著)より要約。

滝は少し傾斜してくの字型に落下しており、落差は24㍍、滝壷ははっきりしていない。この滝の100㍍上流にある第二の滝は高さ12㍍で二段にして二条の滝で姿は大滝よりよい。