著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.22 赤滝
最小化

都野郡 鹿野町 五万堂

鹿野町は錦町に次いで高山が多く、島根県との境界には1000㍍を越える峰が数座並んでいる。その中でも一番知られているのが莇ヶ岳で、鉄鎖のある岩場と、水尾根筋のブナ林が人気の因となっている。一方、新顔の観光地として、町が肩入れしているのが長野山でこの方は山頂がなだらかで広いのを生かし、若者のたむろするレジャー地を目論んで設備をこらしている。その長野山の西南斜面中腹にこの滝があり、鹿野町唯一の本格的な滝である。

鹿野町には地図でみるかぎり、渓流や滝を含むべき有望な川筋が多い。私も相当な骨を折って、多くの沢に分け入ってみた。ところが、何ら見るべき成果がなかった。半ば腹立ちまぎれに町役場に電話を入れ、聞き出したのがこの赤滝である。

「五万堂に・・・」という受話器からの地名が、その場所探しの手掛かりだったが、地図でみるところそれらしき場所が定まらない。五万堂川にはいくつもの支沢があるが、特別有望な箇所もなさそうなので、一番長い沢を辿ってみる事にした。稜線には、芽吹き前の早春の雑木林がほんのりと紫色ににじんでいた。沢分かれの度に、よく踏まれた側の木樵り道をたどっていると、赤滝方面と記した、きわめて素朴な立札が見つかりようやく安堵した。

私を最初に迎えてくれたのは、18㍍の二股に割れた垂直な滝、そこを左に巻いて上面に出てみると、31㍍の広いナメ滝が心地よく滑っていた。そのまた上に10㍍ばかりの滝があるので、全体として三段の滝をなしている。このあたりには巨石文化の遺跡を思わせる大岩が累々と重なっていて、特異な雰囲気を漂わせている。なお地図では予測がつかなかったぐらい、小さな集水面積にしては分不相応の水量を伴っていたのを不思議に思っている。

つい先日、中国遊歩道の一部として、五万堂から赤滝を経て長野山に向う、3㌔の区間が完成したとの新聞報道があった。