著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.33 黒ぬたの滝
最小化

阿武郡 旭村 佐々並

東鳳翩山(ほうべん)は県下有数の人気のある山で、その因は円錐形の広い草山の山頂にあるようだ。この山の北西にダツヤ山という面白い名の山があり、そのふところにこの滝が隠されている。

国道262号線の山口~萩の中間に佐々並市の町があり、町を貫流する佐々並川を南西方面に遡る6㌔で高津の集落に着く。三叉路にバス停があり、橋を渡って南東方面へ車道が通じている。川の方も同じように分岐していてその支流名を高津川という。

黒ぬたの沢は短いながら深く谷をうがち、小滝を幾つか配して、ラストを二段の大滝で飾っている。高さは目測で15㍍、水量のわりには幅広の岩壁を有している。

沢道はダツヤ山への登山ルートなので、楽に入れると予想して来たのだが、途中から踏跡が消えたり現れたりで、そのうち木につかまったり、岩をはったりの苦難となった。

黒ぬたという名前の由来は不明だが、造滝岩の鮮やかな淡褐色が印象に残っている。