著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.24 犬戻しの滝
最小化

玖珂郡 錦町 宇佐

県の最高峰である寂地山は、国体を山口県で催した時の、聖火の採火地点として有名になったが、そのふところをえぐっているのが、犬戻峡で、広義の寂地峡に含められる。又、林道が渓谷に沿って五合目まで通じていて山小屋らしきものがある。

谷川がほぼ直接をなすのに対し、林道の方は一度大きくスイッチバックする。そこを直進して50㍍ほど踏み込むと、いわゆる「犬戻十八滝」の中枢部に至る。そこには10㍍あまりの三つの滝が連なっている。

このあたり、伐採されるまではうっそうとした樹林であったそうだが、十年前私が訪れた時は、斧が入ってさほど年を経ていなかったらしく、白骨のような枯れ木が、墓柱のごとく群立していた。

滝のかかっているゴルジュ部は花崗岩の絶壁でくの字に下刻されており、布をたらしたように水が落ちていて、上品で美しい。断ち割ったかのような岩膚には盆栽のようなツガの木がちりばめられているのも心にくい。

下手の滝の側には、イワカガミの群落があって、赤とピンクの花が風情を添えていた。