著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
08.千代の滝
最小化

長門市 俵山 木津

この滝は小月より豊田湖を経て、湯本音声に至る県道筋に露出しており、その場所は俵山と湯本のほぼ中間である。道路脇に標示板があるが、滝そのものは路面より低く見下ろす位置にある。

垂直で棒状の12㍍の滝が懸かっており、滝の前後につきものの、岩壁・淵・瀬がないので単調である。一方対面が易しく、滝の直下に近づくのが簡単でもある。

ここには、この地の主であった龍が、湯本方面の川に憧れて、ある日大きく一跳びして去り、この滝を残したという伝説がある。

道路地図に「大滝」と記載したのがあるが、むしろこぢんまりした滝と言える。

俵山は湯治客の多い温泉だが、町内にはこの他連理の滝と七段の滝とがある。前者は千代の滝と同程度の落差でやや水量少なく、それに便がよくない。近くに連理した榊の木があるところから来た名前であろう。後者は名前と相違して瀬をなす岩場で、夏の暑さしのぎに好適である。