著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.12 徳仙の滝
最小化

豊浦郡 豊田町 江良

西市と田部の中間で、華山(げさん)山ろくにある徳仙の滝は、小柄ながら近世のとれた優美な姿である。『日本の滝』(土屋書店刊)には、山口県代表として唯一、写真や説明文付きで紹介されている。その一部を引用すると、「吉国川の支流にかかる高さ約10㍍の二段滝で、盛り上がる瀑布がすがすがしく、紅葉によく映える瀑布と賞され、夏は周辺一体がキャンプ場としてにぎわう」。

少々くちばしを入れさせてもらうと、「木屋用の支流の江良川にかかり、12㍍の落差の一段の滝・・・・」とした方が適切かとも思う。

この滝は古来、雨乞いの対象となっていたそうで、カニが滝のまわりをうろつくならば雨がふると言われていたことから「カニ廻りの滝」の別名もあるそうだ。

徳仙の名前の方は、ここで修行した徳仙上人に由来しており、それも天武天皇の頃という。

滝の側をアスファルトの道路がかすめており、華山山頂を経て豊浦町に抜けられる。山頂には仲哀天皇の埋葬所、北麓には名刹・神上寺があり、眺望と清涼感と歴史とがワンセットの、手ごろな日帰り観光地といえよう。