著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.05 扇子落としの滝
最小化

阿武郡 福栄村 福井

県下有数の知名度と高落差を誇る滝である。毛利の本拠地に近く、殿様が通りすがりにこの滝に見とれて扇子を落としたという語り伝えが、その名の由来となっている。この滝はかなり古くから知られていたものと推測できる。が、それにしては今は杣道もないほど不便な箇所に位置している。

滝は福栄村と川上村の境界に位置しているので、近づくにも福井から滝の頭に出る法と、立野から川伝いに滝の足元に至る法とがある。どちらも手前一㌔ぐらいから道が判然としないから、訪れる際地図を必要とする。

滝の高さは測定用の巻尺が足りず、推量で五〇㍍であった。下方から一〇㍍の高さにテラスがあるので二段の滝である。

残念なのは、全容をワンシャッターで写真に収めたいのだが、その足場がないことである。滝は南面し、正面に高台もなく開けている。両脇は樹木でかくされた崖なので、結局、滝の真下からか、あるいは真上からの撮影しかできない。

この滝は有名なわりに人を寄せ付けないが、それでも時には探訪者があるとみえる。私達が滝の下へ降りようと岩の割れ目や樹を手がかりに苦闘している時、足元に落ちこぼれのイワヒバを見つけた。今その片割れが田舎の家で育っている。

中国自然歩道の一つが、長門峡からこの滝の傍らをかすめて萩へ抜ける予定になっている。中国新聞の記者が、その踏破をあきらめたとの紀行文を載せていたが無理もない。工事の早期開始を期待している。