著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.28 大渓の滝(仮称)
最小化

玖珂郡 錦町 宇佐 柳ヶ瀬

 寂地山塊から南流する宇佐川の支流のうち、犬戻、焼山、浦石の沢についてはかなりよく知られている。ところが、容谷川と足谷川についての資料は公開されたものをみかけていない。

容谷の沢に入山した「”杣道”」の会員の話では、15㍍位の滝があるとこ事である。また足谷の沢には10㍍位の滝を二つ三つ見かけた。足谷の中心部は険阻なゴルジュで近づき難い感じがあるが、ここに中国自動車道の大橋がまたがろうとしている。

さて本題の大渓は、足谷川のすぐ西側に平行する沢で、わずか100㍍そこらの、谷頭浸食によるミニ渓谷である。その間に五つの滝を配し、最奥の滝は35㍍もある。

心配なのは、中国自動車道がこの真上にかかりそうで、この大滝が工事で消滅してしまうことである。

沢の宇佐川への開口部のすぐ西側は大絶壁を見せるが、これは断層の見事な露出である。