著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
11.三味線滝
最小化

豊浦郡 豊北町 田耕 小野

この滝の名前はその形状に由来しているものと見え、三筋の水流となって落ちている。ところがそのうちの二筋は一つの沢が二条になっているもので、同一平面を落ちているが、他の一条は他の別角度の沢水の合流しているものである。前者が本流で落差30㍍、後者は目測で40㍍であった。

この区域の山林はあらまし伐採を被っているが滝の周囲だけは樹木が残っており、質素な祠と標柱がある。この滝は山深い所にあるが、近づき難いという程でもなく、まあまあの踏跡道がある。

滝を訪れようと思う方には、西市から滝部への県道が栗野川をまたぐ田耕がまず第一目標、次に橋の手前から小野川沿いの車道を白滝山を目指して、二㌔ばかり遡る。車道の行き止まり地点から200㍍ばかり登った所が目的地である。

白滝山は露岩が目立つ、風格のある山で、その山貌はおおいに登山意欲をそそるものがある。その山腹には杣地山に連なる別の沢があり10㍍余の「白滝」があるそうだ。