著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Clay's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.30 霧降の滝
最小化

玖珂郡 錦町 大原

知名度は低いが、山口県の代表格の滝のうちに入るものにこの滝がある。

錦町宇佐郷において三本の大川が集まっている。その中央が宇佐川本流で、西から合流するのが深谷川、そして東からは、五つの枝川を束ねてもう一本が合流している。その五つの枝川は五本の指のような配置になっている。親指に当たる無名の川が高鉢山から、人さし指の相浪川は鬼ヶ城から、中指の和名尾川が青笹山から、薬指の後川と小指の大原川とは、羅漢山の北面と西面からそれぞれ流れ出ている。

そのうち前二者がまず一本になっているが、谷の深さのわりに滝が無いのは、風化し易い、脆い岩質によるのであろう。

後三者はほぼ一点で合流していて、そこに霧降の滝が位置する。当初私はその滝を一本の滝と思い込んでいたので、和名尾川の上流から降りてきて、16㍍滝を見つけ、確認と測定をすませたつもりでいた。ところが『防長風土誌』中に「明滝・暗滝」という記載があったので、別方向からのアプローチで垣間見た滝をもう一方の滝としていた。

そこに更に、地元大原の小田武雄さんから三つであるとの指摘を得て、河床の全面遡行を思い立ち、ようやく全容をつかむことができた。三滝のうちの二滝は和名尾川にあり、下滝の方は22㍍ある。あと一つは大原川と後川の合流地点から数㍍の所にあって、落差は26㍍であった。

三つの滝は比較的近年まで二滝であったと思われ、しかも近い将来四滝になると予測される。現在の三つの滝は近接しているが、中央を遮るツイタテ状の岩尾根があって、一視野に収まらない。ツイテタの背を移動する事によって、相互の位置関係がわかる。

ツイタテ岩へは、下大原から後川を跨いで和名尾川に向かう林道をたどり、合流点に近いところで道路下に降りると取りつける。この林道を1.5㌔ぐらいいくと、「瀬ノ谷の滝」を見る事ができる。55㍍と高さは十分だが、水量の不足が惜しまれる。